Quick Charge 3.0対応、Anker(アンカー)の大容量モバイルバッテリー PowerCore Speed 20000をゲット、でも不具合で交換に。。。

7月15日~16日にかけてAmazonプライムデーがありました。

そのときにずっと気になっていたAnker(アンカー)の大容量モバイルバッテリーが安くなっていたのでとっさに購入してしましました(^o^)

そして商品が届いたので、使えるか試してみることにしました(^^)
まずはパッケージから↓

正面
後側

アンカーの商品パッケージは、スカイブルーのような落ち着きのある色のデザインなので僕は好きです(^_^)

パッケージを開けるといきなりバッテリー本体があります↓

箱から全部出すとこんな感じでバッテリー本体、充電に使うUSBケーブル、バッテリーを入れる布ケース、説明書が入っています。

充電できるUSBポートは2つあります。
なので同時に2台のスマートフォンやタブレットなどを充電することができます。

バッテリー本体の重さはこんな感じ↓

大容量バッテリーで大きさもあるので少し重いです(^^;)

すでに持っているAnker(アンカー)のバッテリー容量の少ない持ち運びに便利なモデル(PowerCore Speed 10000 QC)で、これぐらいの重さの違いがあります↓

こちらのモデル(PowerCore Speed 10000 QC)の方が150g以上軽いです。
しかし、PowerCore Speed 20000はバッテリー容量が倍あるのでそう考えると、まだ軽い方だと言えます。

▽Anker(アンカー) PowerCore Speed 20000仕様▽
・バッテリー容量 20100mAh
・出力用USBポート 2個、入力用microUSBポート 1個
・サイズ 166㎜×62㎜×22㎜
・重さ 369g(自分で計った重さは365g)
・Quick Charge 3.0対応

実際に充電して使おうとしましたが、ここでトラブルが発生!
半日以上充電しているにもかかわらず、満充電したら消えるはずのランプが消えない(゜o゜;
Quick Charge 3.0で充電して、そんなに時間がかかるはずがないので、不良品の可能性があるのと思いAnker(アンカー)に問い合わせることにしました(>o<)

不具合発生での交換については別記事でアップしたいと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。