ニッケル水素電池にも対応した電池式充電器でクリスティアワカサギの電動リールの動作確認

最近、クリスティアワカサギの電動リールを外部電源化してみましたが、外部電源にスマホ用のモバイルバッテリーを使おうと思いましたが、電流が少ないと自動でOFFになってしまうということがわかりました(^^;
そこで別の外部電源を用意することになりました😅

今回、購入した電池式の充電器だと、ニッケル水素電池も対応しているようなので、早速電動リールが使えるが試すことにしました(^o^)

こちらが購入した電池式の充電器です↓


グリーンハウスの『モバイルバッテリー 乾電池式 ホワイト GH-BTB34A-WH』です。
単三のアルカリ乾電池、ニッケル水素電池に対応した充電器です。


裏側は、商品の説明と仕様が記載されています。


パッケージから出してみると、最初からアルカリ電池が付属しています。
あとmicroUSBケーブルも付属しています。


手に持つとこんな感じで、大きすぎることなくコンパクトです(^^)

もともとはスマホ用なので、試しに充電してみます↓


充電器には、ONとOFFのスイッチがあり、ONにすると青色のLEDランプが点灯して充電が開始されます。


アルカリ乾電池でスマホに充電すると、大体約4W前後で充電をしていました。


ニッケル水素電池(エネループ)だと4Wを少し下回る感じでした。

いよいよ電動リールで動作確認してみます↓


まずは一番回転の低いスピード「L」です。
消費電力は約1.65W前後でした。

1つずつスピード上げていきます↓


スピード「1」→約1.89W


スピード「2」→約2.18W


スピード「3」→約2.41W


スピード「H」→約2.48W

こんな感じの結果となりました。
ちなみにスピード「3と「H」では、ほとんど消費電力に差はありませんでした。

この電池式充電器だと、モバイルバッテリーの時のように急に自動でOFFになることはなく、連続して動作していました😃

充電器がニッケル水素電池にも対応しているので、今期のワカサギ釣りで活躍してくれそうです(^▽^)

※この充電器は、電動リールメーカー(グローブライド)推奨の商品ではないので、自己責任での使用になります

▽『モバイルバッテリー 乾電池式 ホワイト GH-BTB34A-WH』の仕様▽
メーカー:グリーンハウス
最大出力:DC 5V/1.0A
対応電池:単三 アルカリ乾電池/ニッケル水素電池
コネクタ形状:USB Aタイプ(メス)
充電時間:GALAXY S3 約8時間
外形寸法:W62.2×D82.4×H19(㎜)
重量:約39.4g(電池含まず)
動作温度範囲:0℃~40℃

エネループの充電器には、以前記事で紹介したLEDランプ&モバイルバッテリーになるこちらがとても便利です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。